いつも笑顔で元気です 〜​ 青年海外協力隊サモア紀行〜

​ Hiro Matsukawa 青年海外協力隊2017年度1次隊としてサモア派遣。職種は理科教育。4年間高校理科教員を務め、現職教員特別参加制度を利用し、青年海外協力隊へ参加。サモアの生活をまったりと綴っていきます。

人生初のラグビー観戦 〜学校は勉強するためだけの場所ではない〜

Malo!!

 

サイクロンから2週間過ぎました。

 

サイクロン後は、復旧のため1週間学校はお休み

 

そして今週は学校の環境も復旧して、順調に授業を再開しました!

 

しかし、我が家は停電継続中。。。

 

かれこれ16日目に突入。

 

学校で充電とかはして、家では真っ暗な生活。

もう不便さは感じない領域に入ってきました。

 

 

人生初のラグビー観戦

 

 

そんな中、カレッジ対抗のラグビー大会が開催されました!

 

我がカレッジも参戦です!

f:id:mattsu_katch:20180223172504j:plain

 

 

ご覧の通り、カレッジの子達はほとんど太っていません

何を境にして超肥満になるか未だに謎です。

 

 

そんなことより、自分にとっては初のラグビー観戦!

今まで(特にサモアに来てから)TVでラグビーの国際大会を観ることはあっても、生で観るのは初めて!

 

しかも高校生レベルで、7人制ラグビー!

 

 

 

試合開始前には応援してくれる人達への挨拶

 

f:id:mattsu_katch:20180223172606j:plain

 

 

 

いよいよ試合開始!

 

 

 

ワクワクしながら観戦していましたが・・・

 

 

 

 

TVと全然違ぇ

 

 

 

プロレベルをTVでしか観たことのないラグビー素人の自分でも違いは分かりました。

 

 

部活のように練習を毎日しているわけじゃなくて、村での野ラグビーで身につけた感覚的な能力だけでプレーしているかのようでした。

 

f:id:mattsu_katch:20180223172719j:plain

 

 

 

 

そしてもうひとつ驚いたのは

 

 

女子の試合もあったこと

 

 

日本で女子ラグビーをやっている高校ってどれくらいあるんだろうかとも思いながら観戦。

 

 

 

それはそれは激しい戦いでした。

 

 

すっごい勢いで襲いかかっていますね。

 

f:id:mattsu_katch:20180223173257j:plain

 

 

 

 

 

トライギリギリのところでは、7、8人が戦っています。

 

f:id:mattsu_katch:20180223172901j:plain

 

 

 

 

そして、改めて写真を観てください。

 

 

 

 

 

裸足やん

 

 

 

 

 

 

靴がないことも彼らの運動能力が全てカバーしているようでした。

 

 

 

結果は男女とも全敗。。。

 

 

そりゃ2週間くらいちょっと練習しただけだもんなぁ。。。

 

と思っていましたが、他のカレッジも同じような練習期間でした。

 

特に「部活動」として、スポーツに体系的に取り組んでいる様子はサモアにはほとんどないのかなぁと思います。

 

 

日頃から村人同士でラグビーやバレーボールをやっている中で、培われた能力で戦っていたようです。

 

 

 

学校は勉強だけではない

 

 

普段から、いつも笑顔で元気な生徒達ですが、好きなことを存分にできるこの日は、いつも以上に弾けていたように思えます。

 

授業終わりにわざわざ応援に来てくれる他の生徒もたくさんいて、彼らもまた本当に楽しそうでした。

 

 

カレッジや日本の高校で教員として働いていると、どうしても勉強面を見てしまいがちです。

 

実際、サモアのカレッジの通知表も日本の調査書等も「成績」についての記述がたくさんあります。

 

でも、本当に大切なことは勉強だけではないはずなんですね。もちろん勉強も大切ですが。

 

生徒自身が、一生懸命に取り組んで将来やりたいことを実現する。

笑顔になれる瞬間を追い求めて努力する。

 

そのために勉強だったり、スポーツだったり、資格だったりが手段として必要になる、そんな気がします。

 

勉強することが目的になってしまっては、面白いはずの勉強もつまらなくなってしまう気がするんですね。

 

 

学校では、生徒達が「何に一生懸命取組みたいのか」「どんなことをしているときが幸せなのか」そんなことをちょっとでも考えるための働きかけができたらなぁと思います。

 

 

サモアの子達にどこまで伝わるか分からないけど、やれる限り尽くしたいと思います。

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

 

それではまた会う日まで

 

Fa soifua!!

 

 

ブログランキング参加しています。

よかったらポチッとお願いします↓↓

他の隊員の記事も観れます。

[http://にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村:title]

 

 

サイクロン直撃 〜生活が変われば「当たり前の基準」も変わる〜

Malo!!

 

長いターム休みが明けてから学校が始まって3週間。時間割も確定し、順調に授業が開始され、いい感じで学校生活がスタートしました!

 

 

このままいい流れで学校生活を送れるかと思いきや・・・

 

 

先週の金曜日にサイクロン「Gita」がサモアに直撃しました。

 

 

 

サイクロンの被害

 

 

前回のサイクロンは4、5年前だったということなので、日本の台風のように「台風○号」というような、年に何回も来るようなものではないようです。

 

 

 

久々のお出ましということもあり、威力も中々凄まじかったです。

 

 

我が家の目の前の普段はいきいきと生い茂っているバナナの木々。

 

f:id:mattsu_katch:20180217105519j:plain

 

 

 

 

 

サイクロンが直撃したらこの有様。

 

f:id:mattsu_katch:20180217105548j:plain

 

 

 

 

チャリで通学している緑生い茂る何気ない風景。

 

f:id:mattsu_katch:20180217105617j:plain

 

 

 

サイクロンの大雨で浸水。

 

f:id:mattsu_katch:20180217105723j:plain

 

 

 

サモアに直撃したときには平均風速が30m/s以上で感覚としては日本の台風よりは威力が強かったような気がします。

 

サモアを通過した後に、勢力を増して風速40m/s程度になってトンガに直撃したとのことでしたので、トンガではさらに大きな被害があったとのことですが、トンガの人達は大丈夫なのか・・・状況が心配です。

 

 

サイクロン通過後には、家族や村人と一緒に道路に倒れている木々を運んで、なんとか不自由なく車が通れるような環境整備をしていました。

 

 村人や家族が常に協力して生活が成り立っていると改めて感じました。

 

 

 

インフラ整備について

 

 

幸いにも、家族や自分が住んでいる家には大きな被害はなかったのですが、不便を感じたことは

 

 

 

「断水&停電」

 

 

 

断水は5日間ほど続き、今は復旧しております。

ただ我が家は正常時でも午後9時から午前6時くらいまでは毎晩断水する村なので、自分も含めて「断水慣れ」しており、外の雨水タンクを利用することで、特に問題はありませんでした。

 

 

停電について

 

 

1週間続きました。ここまで長い停電は人生初体験です。

 

なんなら今も停電中です。

 

サモアの電力公社によると、今週中にサモアの99%は復旧するらしいですが、うちの村は復旧していません。

 

 

 

残りの1%を勝ち取ったようです。

 

 

 

それにしても日が沈んだら、本当に暗い。

暗過ぎて逆にテンションが上がってしまうくらい暗い。

 

 

家族とはろうそくと懐中電灯をつかって、光をゲットして夜を過ごしていますが、なんにせよ暗いので、夜9〜10時くらいには睡眠です。とっても健康的な生活。

 

 

停電初日や2日目なんかは不便だなぁとか感じていましたが、家族はあまりそんなことを感じていない様子で、子ども達はいつもより、はしゃいでいるようにも見えました。

 

真っ暗の中、はしゃぎ声が響きわたっていて、フラッシュを使って写真を撮ったらこんな感じでした。

 

f:id:mattsu_katch:20180217105850j:plain

 

 

 

なんだか愛くるしい子ども達。

 

 

 

ろうそくを使っての一枚。

 

f:id:mattsu_katch:20180217105903j:plain

 

 

うちの三男、いい笑顔です。

 

ろうそくの火で遊んで母ちゃんに怒鳴られているのも愛くるしい。

 

 

 

今ある環境を楽しむ

 

 

サモアでのインフラ復旧はなかなか時間がかかるようです。

日本では停電などが起こったとしても、復旧が本当に早い。電車もすぐに動き出す。とても便利だなぁと感じるとともに、改めて日本の凄さを実感しました。

 

ただ、サモアで1週間停電が続いて家族と一緒に過ごして感じたのですが、彼らは特に電気なしの生活に不便さを感じていない、そんな気がしました。

 

ないものはないから、この状況でやりぬく。

 

遊ぶ天才の子ども達に関しては、停電という非日常を楽しむ。

 

そんな感性を持っているのかなぁとも感じました。

 

 

 

 

「当たり前の基準」

 

1週間停電が続くと「電気が無いことが当たり前」というように当たり前の基準が変わってきたような気がします。

 

 

サモアに来て6ヶ月。今では「サモアにいることが当たり前」になっている自分がいることに気づきました。

 

日本にいるときは「サモアに行くことは特別」と思っていたのに。

 

自分の中の当たり前の基準が時間とともに変化しているみたいです。

 

サモアの文化や生活に触れていると初めは目新しくて感動していたことも今では、それらが当たり前のように思えることも多々あります。

 

環境が大きく変化しても、その環境に長いこといると、良い意味でも悪い意味でも自分の中のあらゆる基準が変わってきてしまう。

 

そんな中でも、日本で当たり前のように大切にしてきた精神はサモアでも当たり前のように大切にすることを忘れないでいたいなぁ思います。

 

 

 

 

そろそろ電気復旧せんかなぁ・・・と思うけど

 

 

 

ま、復旧せんくてもなんだかんだ楽しいからそれはそれでいいかな。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

 

それではまた会う日まで

 

Fa soifua!!

 

 

ブログランキング参加しています。

よかったらポチッとお願いします↓↓

他の隊員の記事も観れます。

[http://にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村:title]

 

新年度のスタート 赴任から半年 〜青年海外協力隊に参加した意味を感じられる瞬間を〜

Malo!

 

気づけば2018年も1ヶ月が過ぎ、2月に突入してしまいましたね。

ということは、サモアに来てから半年が経過し、自分の活動も残り1年2ヶ月しかないということです。

 

 

 

尋常じゃないくらいに早い。。。

 

 

でも、「1年2ヶ月しかと感じられてるってことは、なんだかんだサモアの生活が充実してて、まだまだやりたいことがあるって証拠なのかなぁと自分ではポジティブに捉えています。

 

そんな中、超長〜〜〜〜〜〜〜いターム休みが終了し、新年度がスタートしました!

 

今回はサモアのカレッジがどんな風にスタートするのかを綴っていきたいと思います。

 

 

衝撃過ぎる初日

 

新年度スタート初日に学校に行ってみると、多くの生徒と保護者がガヤガヤとしていました。何かと思って教室を除いてみるとこんな感じ。

 

 

f:id:mattsu_katch:20180205150043j:plain

 

 

 

そう、入学手続き

 

 

今やんのかい

 

 

新年度始まってからするんだ。。。笑

 

日本では、クラス分けやら入学手続きは事前に全て終わっているのが当たり前だったので、ちょっとびっくりしましたね。

 

ちなみに首都の人気のカレッジとかは、事前に選抜試験的なものを実施しているところもあるようです。

 

 

 

そして、全生徒に文房具(ノート10冊とペン3本)が配布されていました。

 

f:id:mattsu_katch:20180205150140j:plain

 

 

 

制服の布も必死に作っていました。

高学年は制服が異なって、シャレたサモアン柄なんです。

 

 

f:id:mattsu_katch:20180205150227j:plain

 

昼頃になり、手続き等も一段落すると、何やら教員に紙が配布されました。

 

そう、それは午後の時間割

 

 

 

 

え?初日から授業始まんの!?!?

 

 

 

 

これにはさすがに驚きましたね。他のカレッジの先輩隊員等からは

「どうせ最初の1週間くらいは時間割もできなかったりで授業始まらんよ〜」

みたいなことを言われてたから・・・

 

ただ、うちのカレッジは少し違ったようです。

 

生徒に無駄な時間を過ごさせない素晴らしい意識からのサプライズでした。

 

 

慌ただしい2日目(火曜日)

 

この日もまだ数名入学手続きに来る生徒や保護者はいました。

 

そして、朝の職員会議で「本日の時間割」が配られました。

まだ、生徒の選択授業や、自分の担当教科も決まっていないけど、とりあえず去年の時間割に沿った形で教員だけ無理矢理詰め込んだ時間割です。

 

その時間割を見てみると

 

「Year9 Math Hiro」(中2相当の数学)

 

これはまだ常識の範囲内。

 

別の欄を見ると

 

 

「Year11  Christian Education  Hiro」

 (キリスト教教育 Hiro)

 

 

 

 

 

俺、仏教徒なんだけど・・・

 

 

 

 

さすがに教えられるわけはなかったので、普通に数学をやりました。

 

なかなか衝撃的な2日間でした。

 

 

 

この1年でのカレッジにおける自分の役割

 

 

そうこうしているうちに、生徒の授業選択もある程度決まった模様で担当教科が決まりそうな雰囲気でした。

 

今年度の自分の担当教科は

「Year12(高校レベル)の化学と物理」+「Basic Scienceの実験サポート」というような形になりそうです。

 

今のうちのカレッジには化学、物理の先生がいません。

 

去年は生物の先生が無理して化学も教えており、物理は開講されていませんでした。

 

 

 

校長先生からは

 

「Hiroと別の理科の先生で一緒に理科の授業をして、帰国した後も化学や物理が続けられる教材やマテリアルを揃えて欲しい」

 

というようなことを言われていました。とっても理解のある優しい校長先生です。ちなみにホストファザーでもあります。

 

ただ、実際のところ他の理科の先生は、彼ら自身の授業もたくさんあるわけで、なかなか一緒に授業を行うことは難しいのかなぁとも、校長先生も自分も思っています。

 

 

そんないろいろなモヤモヤや問題を抱えながらも

「理科を勉強したい」と思っている生徒がいて、彼らのために自分ができることが、何か少しでもあるのなら、それらを実行していきたいと思います。

それと同時に、理科に全然興味がない生徒でも、普段の授業ではなかなか見ることができない実験などを楽しくすることで、ちょっとでも理科の楽しさが伝わったらなぁと思っています。

 

 

 

カレッジ外、要請外の活動

 

カレッジ外の理科の活動や、カレッジ内だけど、理科に関係ない活動はできるかどうかは別として、やりたいことはたくさんありそうです。

・出前実験講座

・教材作成、出版

・上記の教材の使い方の説明

・大学等に出向いての講座

・日本文化の紹介

 →個人的には子ども達と一緒に歌ったり、踊ったりしたい

・日本料理の紹介

・環境教育に関する何か(サモアの美しい自然を大切にして欲しい)

・星空観察

・サモアの歌を一緒に演奏

・サモア文化や協力隊としての活動を日本に紹介

・現職高校とサモアのカレッジとの交流

・他国の学校と交流←他の国の学校隊員でやりたい人がいたりしたら是非一緒に!

などなど

 

挙げだしたらどんどん出てくるものです。

既にやり出してることもいくつかありますが、「やりたい」って思ったことは、この数ヶ月はとことん挑戦して、半年後くらいに「やりきりたい」って思えることを絞って、最終的に「やりきった」って思えることが2〜3割あったらいいかなぁって思っています。

 

 

この半年があっという間だったように残りの期間もあっという間に過ぎるんだろうなぁ。

 

1年後に協力隊の活動を振り返ったときに「自分はこのためにサモアに派遣されたんだ」と思える瞬間を積み重ねて、自分が「青年海外協力隊に参加した意味」を見つけ出していけたらなぁなんて思います。

 

この1年は人生で唯一、サモアで丸っと1年過ごすことができるので、いつも笑顔で元気にやっていきたいと思います!

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

今年度もよろしくお願いします!

 

 

それではまた会う日まで

 

Fa soifua!!

 

 

ブログランキング参加しています。

よかったらポチッとお願いします↓↓

他の隊員の記事も観れます。

[http://にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村:title]

 

サモアのカカオ「koko」〜何気ない日常にも楽しみを〜

Malo!!

 

突然ですがみなさん、カカオと聞いて何をイメージしますか?

 

多くの人が「チョコレート」をイメージするのではないでしょうか。

 

サモアでは少し違います。

 

今日はカカオ(サモア語でkoko)のサモア流クッキングを紹介します!

 

チャララ チャッ チャッ チャッ♪

チャララ チャッ チャッ チャッ♪

チャララ チャッ チャッ チャ・・・・・♪

(キューピーの3分間クッキング♪)

 

 

まずはカカオを採取しに行きます。レッツゴー!

 

f:id:mattsu_katch:20180120125658p:plain

 

 

 

カカオ発見!!

f:id:mattsu_katch:20180120130253j:plain

こんな感じで木に成っています。

 

 

 

 

高いところにある実は木に登って採ったりもします。

f:id:mattsu_katch:20180120130230j:plain

 

 

 

 

いっぱい採れた!

 

f:id:mattsu_katch:20180120130340j:plain

熟し具合によって色が違ってカラフルなんです。

 

 

 

 

 

これらをナイフでパカッとオープンします。

 

f:id:mattsu_katch:20180120130405p:plain

 なんかサナギみたいなのがでてきましたね。。。

 

この白いサナギの中にカカオ豆が眠っております。

 

 

 

 

 

次にサナギを弱火でじっくり加熱します。

 

f:id:mattsu_katch:20180120130431j:plain

 

 

 

 

じっくり加熱するとこんな感じにカカオ豆が姿を現してきます。

 

f:id:mattsu_katch:20180120130506j:plain

 

 

 

 

途中子ども達が燃えかすを頬に塗りあってじゃれています。

なんでもないようなことだけど、本当に楽しそうでした。

 

f:id:mattsu_katch:20180120130610p:plain

 

 

 

そしてこのお豆ちゃん達をタノアと呼ばれる器に移します。

 

f:id:mattsu_katch:20180120130650j:plain

 

 

そしてひたすらつぶします。

 

f:id:mattsu_katch:20180120130716j:plain

 

 

 

ペースト状になったら程よいでしょう。

 

f:id:mattsu_katch:20180120130736j:plain

 

 

  

調理終了!!!

 

 

調理時間およそ3時間

 

キューピーの3時間クッキングですね。

 

 

 

 

あとはこのカカオペーストを自由に料理に使います。

 

そのまま食べてみたら100%カカオのビターチョコレートと同じような味がしました。

 

 

砂糖とお湯で溶かすと「Koko Samoa」と呼ばれるココアみたいな飲み物になります。

f:id:mattsu_katch:20180120130839j:plain

 

 

 

 

 

さらにこの「Koko Samoa」にご飯をぶち込んだら「Koko alaisa」と呼ばれるココアご飯の完成です。

f:id:mattsu_katch:20180120130902j:plain

 

 

 

味は・・・ココアにご飯がぶち込まれた味です。

 

正直初めはココアとご飯って相性悪いやろ・・・と思っていました。

 

しかしある日、究極に空腹時のときにワクワクしながら晩ご飯を待っていたら、食卓には「Koko alaisa」のみでした。

 

一瞬愕然としましたが、空腹は味覚を変えました。

 

「あれ、Koko alaisaってこんなに美味かったっけ?」

 

それ以来、「Koko alaisa」が好きになっていきました。

 

多くの隊員は「Koko alaisa」はちょっと無理だなぁって言いますが、今の僕には美味しい料理です。

ある隊員からは味覚障害だと言われましたが・・・

 

というより、サモアで結構偏った食事で、出されたものを食べるしかない生活環境だと、全てのものが美味しく感じますね。

 

僕の持論では「これは美味い!」と信じ込んで食べれば、たいていのものは美味しく感じられます。

 

 

食べ物だけに限らず、勉強や遊び、活動など全てのことに応用できるのかなぁと思います。

 

「本当に意味あるのかなぁ」と思う活動も、「これは楽しくなる!」と思い込んで動いてみると、案外周りの人も楽しそうにしてるもんです。

 

 

 

不味いものも「美味い!」と思って食べる。

つまらないことも「楽しい!」と思って動く。

モヤモヤしているときも「俺は幸せだ!」と開き直る。

 

 

 

そんな風に考えていると、たいていのことはうまくいく気がするんですね。

 

 

 

と言いつつも限界があって、無理している自分に気づくことも多々あります。

 

不味いものは不味いし・・・

つまらなさすぎて楽しいと思えない・・・

どう考えても今は幸せではない・・・

 

 

そんなときこそ「なんで楽しくないのか」、「どうやったら楽しくなるかなぁ」と考えるいいチャンスと思ってゆったり考えています。

 

そんな繰り返しで自分にとっての「楽しさ」や「幸せ」の定義を明確にして、それらを追い求めて、いつも笑顔で元気に過ごしていけたらなぁと思います。

 

きっとそんなときは周りのサモアの人達も楽しんでくれてると思うんです。

 

 

カカオクッキングという何気ないことでも、じゃれ合って楽しむ子ども達みたいに、日常の何気ない何かにもっと楽しさを見出していけたらなぁと思います。

 

それではまた会う日まで

 

Fa soifua!!

 

 

ブログランキング参加しています。

よかったらポチッとお願いします↓↓

他の隊員の記事も観れます。

[http://にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村:title]

 

フィジーで感じた「本気で向き合うこと」〜サモアの満天な星空を眺めながら〜

Malo!!

 

あけましておめでとうございます!

 

やってきました2018年。

「平成30年」という響きと時の流れの早さに驚いていますが、サモアでは相変わらずゆったりした時間が流れています。

 

昨日は新月で月がなかったので、夜外に出てみると、輝かしい満天の星空。

 

じゃジャーン!

f:id:mattsu_katch:20180113151017j:plain

 

 

この写真を撮ったのは乾季の空気が澄んでいるときのものですが、うちの村は内陸で街灯も全くないので、天気がいい日はかなり綺麗な星空が見えます。

 

よかったら遊びに来てくださいな。日本から20時間もあれば着くから。

 

 

年始にフィジーへ行ってきました。

 

1週間ほどの滞在でいろいろなことがありましたが、その中でも同期隊員の野球の活動を見学&参加させてもらったことについて少し書きたいと思います。

 

f:id:mattsu_katch:20180113151138j:plain

 

現在彼はU-15のナショナルチームの指導をしており、今週オークランドでオセアニア地区の大会を直前に控えている状況です。

 

 

 

めっちゃ楽しそう

 

 

 

練習を見て感じた最初の感想です。ひとりひとりが本当に楽しそうに野球をしていました。

 

キャッチボール、ノック、バッティング。

当たり前のような練習だけど、全てをいきいきと取り組んでいました。

 

何人かに「野球楽しい?」って聞いてみると、

もれなく最高の笑顔で「楽しい!」という返答がきました。

なんだかこっちまで楽しい気持ちになりました。

 

 

しかし、このように野球ができるようになるまでには大変な苦労があり、半年かけてようやくここまでこれたとのこと。

 

詳しいことは彼自身が書いているのでこちらを参照

http://no-swing-no-hit.hatenablog.com

 

 

そんな彼との会話の中で

 

「選手が練習に来なかったり、来てもサボったりもあったけど、今は自分たちで道具をしっかり並べたりもできるようになって・・・」

 

「ここまでくるのに選手と喧嘩もたくさんしましたけどね」

 

と話してくれました。

 

 

彼は何気なく言った言葉かもしれないけど、自分にとっては大きく響きました。

 

 

サモアに来てから

 

「喧嘩するほど本気で誰かに向き合ったことってないよな・・・」

 

もちろん職種も違えば環境や対象も違いますが、なんだか羨ましく思えました。

 

真剣に目の前の子ども達と向き合って、頑張ってきた様子が子ども達の「野球楽しい!」という笑顔とオーラから改めて伝わってきました。

 

 

月末からサモアでもようやく学校が始まります。

 

新しい年度のスタートなので、関わる生徒や同僚の先生、担当教科もガラッと変わるでしょう。誰が対象で何に取り組むかも曖昧です。

でも、どんな状況でも、「本気で向き合える」環境を自分で作って、実践していきたいなぁと思います。その過程の中でサモアの子ども達と「笑顔」を共有できたらいいなぁ。フィジーの野球少年のような。

 

そんなことを気づかせてもらった活動見学でした。

 

ありがとう!フィジーの子ども達、そして同期のK君。

 

f:id:mattsu_katch:20180113151734j:plain

 

 

最後にやっちまったこと

 

自分も中学まで野球をしていたので、少し参加させてもらいました。

f:id:mattsu_katch:20180113151758j:plain

 

 

 

そのとき、ナショナルチームの取材をしに、新聞社が来て、こんな感じで監督にインタビューが行われていました。

f:id:mattsu_katch:20180113151822j:plain

 

 

 

 

 

そして次の日の新聞にこんな記事が

 

 

 

 

f:id:mattsu_katch:20180113151841j:plain

 

 

 

 

 

 

???

 

 

 

 

俺やん

 

 

 

 

 

 

フィジー代表の記事なのに写真は

「バッティングしているJapanese」

 

 

 

何故この写真を使ったぁぁぁぁあああ!

 

 

 

 

フィジーの選手達よ、サモアから来たJapaneseが出しゃばってマジでごめん。

 

 

僅かな滞在期間でフィジーの新聞に載ってしまった。

 

 

 

そんなおかしなネタもありつつもフィジーでいい感じにリフレッシュできたので、サモアでも「本気で向き合う」をテーマに頑張っていきます。

 

 

サモアの満天の星空のもと、そんなことを決意したのであった。

 

それではみなさん、平成30年もよろしくお願いします。

 

Fa soifua!!

 

 

ブログランキング参加しています。

よかったらポチッとお願いします↓↓

他の隊員の記事も観れます。

[http://にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村:title]

 

サモアのお葬式に参加して感じた「生きる」ということ。

 

 

f:id:mattsu_katch:20171231045254j:plain

Malo!!

 

2017年も残すところあと1日。

 

この1年。思い返せば本当にいろいろなことがありました。

 

1月〜3月は愛知県で高校3年生の担任として、教え子達の高校生活ラストスパートの熱い時間をともに過ごし、彼らを次のステージへ送り出し・・・

 

4月〜6月は駒ヶ根の訓練所へ入所し、素敵な人たちからたくさん学ぶことができ・・・

 

7月末には、サモアという自分の次のステージへ本当に多くの人から送り出してもらえました。

 

あれから月日が流れること5月。新しい1年が始まろうとしている。

 

住む場所も変わり、多くの人に出会い、めまぐるしい1年であったけれど、本当に楽しい1年でした

きっと常に自分がやりたいことを追求できたからだと思います。

 

 

 お葬式に参列

 

 

そんな中、昨日大切な人のお葬式に参列してきました。

 

亡くなられたのは、パタビレッジと呼ばれるサモアにある小さな村の牧師さんの奥さん。

 

このビレッジはサモア到着直後に1週間ビレッジステイをさせていただいた村です。

 

彼女は僕たちJICAボランティア受入の管理や、ステイ期間を充実させてくれるためのコーディネイトをしてくださりました。

 

 

そんな彼女の訃報が届いたとき、信じられない気持ちでいっぱいでした。

 

44歳という若さで、子どももまだ小さいのに。

 

首都で偶然会った時もあんなに元気そうだったのに。

 

いろんな感情がかけめぐりました。

 

 

そして昨日お葬式に参列させていただきましたが、村中の人や海外からの親戚等も集まっており、2〜300人くらいは参列していたと思います。

 

村の中心的な存在であり、誰からも愛されて幸せな人生を送られていたことが伝わってきました。

 

そんな中、村のある女の子と話していたときに。

 

「She passed away because of doctor…」

(彼女が亡くなったのは医者に原因がある)

 

というフレーズを耳にしました。

 

彼女は「デング熱」を発症し、点滴等で治療を始めた途端に様態が悪化して倒れてしまったと。

 

村の中学生くらいの女の子からのみの情報なので、どこまで正確かは分かりません。

実際適切な治療であったのではないかとも思います。

 

でも、もし別の形で治療ができていたら・・・

 

何か気づかなければならない他の要因があったのに見逃していたとしたら・・・

 

などと、医者でも医療の専門家でもないのに考えて1人やるせない気持ちになっていました。

 

そして葬儀が終わり、お別れと感謝の気持ちを告げ、自分の村へ帰りました。

 

「生きる」ということ

 

今回の一件で改めて考えました。

「生きる」ということ。

 

何気ない日常を過ごしていると、生きているのが当たり前と錯覚してしまいます。

 

しかし、身近な人の死を目の当たりにして、「生きていることには特別な意味がある」と感じました。

 

 

じゃあ自分にとってのその「意味」はなんなのか。

 

自分は「意味」は後付けされるものと考えています。

 

はっきり言って今生きている意味はちょっとよく分かりません。

 

でも、過去の出来事を振り返ってみると、ブログタイトル通り「笑顔で元気」な自分や仲間がそこにはいました。それだけで十分な気がするんですね。

 

そのときの自分は意味なんか考えずにがむしゃらに目の前のことに取り組んでいただけです。

 

ただ、改めて振り返ったときに、初めてそこに大きな意味が存在していたことに気づく。

 

きっとその繰り返しなのかなって。

 

だから今生きている意味が曖昧でも、目の前の大切な人達、日本にいる大切な人達が「いつも笑顔で元気」に過ごせるように行動していけば、きっとそこに大きな「意味」が後付けされる。そんな気がします。

 

もっぱら自分の場合はその意味はブログタイトルにあるような、「いつも笑顔で元気」に自分も仲間も過ごすこと。に収束することが多いですけどね。

 

大きな成果を求めて、身の丈に合わない行動をするのは自分にとっては難しい。

 

だからこれからも、身近な人のために、自分ができること、自分がやっていて楽しいことを継続してやり続ける。

 

そうすればきっと後からその行動の意味は見えてくるのかなぁって思います。

 

大きなことはできないけれども、続けることは自分にはできる。

それが自分の生き方なのかもしれません。

 

 

抽象的な話になりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

2018年も肩肘張らずにまったり自分のペースでやっていきたいと思います!

 

それではみなさんよいお年を!

Fa soifua!!

 

 

ブログランキング参加しています。

よかったらポチッとお願いします↓↓

[http://にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村:title]

 f:id:mattsu_katch:20171231045121j:plain

俺は中国人ではなく日本人。でも重要なのは国籍なんかじゃなかった。

Malo!!

 

チャリデビューから1ヶ月程経ちました。

 

チャリデビューについての記事はコチラ↓↓

 

チャリ隊員デビュー! 日常の小さな変化が大きなきっかけ - いつも笑顔で元気です 〜​ 青年海外協力隊サモア紀行〜

 

 

この1ヶ月、毎日往復10キロの道のりを爆走しております。

 

今回はサモアの村の道のりとそこで感じたことを綴ります。

 

 

 

サモアの村の日常

 

 

朝日とともに出発。

 

f:id:mattsu_katch:20171210072343j:plain

 

 

 

 

 

こんな南国っぽい景色が延々と続きます。朝の涼しい時間は(25℃くらい)本当に気持ちいい。

f:id:mattsu_katch:20171210072424j:plain

 

 

子ども達がくつろいでたりもします。

f:id:mattsu_katch:20171210072503j:plain

 

 

 

 

野生の犬が現れた。

 

f:id:mattsu_katch:20171210072536j:plain

余裕ぶっこいて写真撮っていたら「何撮ってんだクソ野郎!」って感じで追いかけてき

ました。

リスクをものともせず、ギリギリまでシャッターチャンスを伺い、追いかけてくる瞬間を激写。 

この後、足がはち切れるほどモリコギして全力で逃げたのは言うまでもありません。

 

 

 

 

野生のおっちゃんが現れた。

 

f:id:mattsu_katch:20171210073632p:plain

 

 マリオにしか見えません。でも、笑顔に癒されますね。

 

 

 

ようやく学校に到着

これが活動先のカレッジです。

f:id:mattsu_katch:20171210072815j:plain

 

 

 

俺は日本人だ!・・でもなんか違う

 

サモアには中国人経営のお店がたくさんあるので、とっても中国人が多いです。

そのせいか、チャリをこいでいると

 

「Malo!! Saina!」

(やっほー!中国人さん!)

 

と村の子どもに手を振られながら叫ばれることは日常茶飯事。

初めの頃はこっちも

 

「Leai!Iapani!」

(ちげぇよ!日本人だわ!)

 

って手を振り返して叫んでいました。

別に中国が嫌いとか一切ないけど、ただ日本人として認識して欲しかった。

 

 

 

このやり取りを1週間くらいしていると

 

「Malo!! Iapani!」

(やっほー!日本人さん!)

 

 

と叫ばれるようになりました。

 

 

何か違う・・

 

 

日本人として認識してくれているのは嬉しい。

 

でも、何かすっきりしない。

 

そこで「Malo!! Iapani!」と言われる度に、折り返して村人に自己紹介をしてみた。

 

「Hiroっていうんだ。サガガカレッジで働いててLeauva’aって村に住んでるんだぜ!・・・」的なことをサモア語で。

 

 

自己紹介トライ初日、片道20分くらいの道のりに1時間以上かかりました。

 

自己紹介してるとついついおしゃべりしちゃうんですよね。

 

もちろんさっきのマリオにも自己紹介済みです。

 

自己紹介通勤を1週間くらいしていると

 

「Malo!! Hiro!!」

 

と多くの村人が声をかけてくれるようになってきました。

 

そこでしっくりきたんですね。

 

日本人とか中国人じゃなくて、個人として認識して欲しかったんだ」と。

 

村人に個人として認識されたからといって、何かメリットはあるかと言われたら、特に何もありません。

 

でも、「Malo!! Hiro!!」と声をかけてくれると自然とこっちも笑顔になって元気が出てきます。

挨拶されたら挨拶を返して、おしゃべりをする。普通のことかもしれないけど、頑張ってサモア語で話そうとすると、彼らもウェルカムモードで楽しそうにしてくれる。まずはそれだけで十分なのかなぁとも思います。

 

 

日本人だからできること・・じゃない

 

 

活動においても「日本人だから・・」っていう風に考えてもしょうがない気がするんですよね。

日本人って1億人以上いて、ひとりひとりみーんな違うんだから。

「自分だから」できることや、やりたいことをやっていけばいいのかなぁと思います。

 

同じように「サモア人は・・・」って言う風にサモアの人達を一括りにすることなく、出会った人ひとりひとりに目を向けて、リスペクトして過ごして行きたいものですね。

 

いつかの担任の先生がこんなことを言っていたのを思い出しました。

 

「みんな違って、みんないい」

 

周りの隊員と比べちゃう今日この頃だけど、「自分」にできることを少しずつやっていこうと思います。

 

 

それではまた会う日まで!

Fa soifua!!

 

 

ブログランキング参加しています。

よかったらポチッとお願いします↓↓

[http://にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村:title]